読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miteranの日記

好きなものについて 感情の昂ぶりをしたためるブログ

アニメ 同級生を見てきた

アニメ 漫画 BL

 

昨日新宿バルト9で見てきました同級生。

結論から言うと、めっっっっっっちゃ良かったです。

今日は映画感想とか同級生シリーズのことをいろいろ書こうかな。

 

 

記事前半は主に「卒業アルバム 増補版」について通常版との違いなど、

記事後半は映画はネタバレというか、シーンの細かい感想なので見たくない方ご注意ください。

 

 

私は短編集から明日美子先生を知って、そこから坂を転げ落ちるようにBLデビューしたクチなので、個人的に本シリーズはとても思い入れのある作品。

幸運なことに同級生シリーズにはまったその年は、O.B.の発売があって、原画展の「卒業式」があって、っていう盛り上がっている年だったのです。

長らく続いているシリーズですが、過去作品を集めつつリアルタイムで同級生関連イベントがあったという感じで、本当に愛されている作品を好きになれたんだなぁと感慨深かったです。

 

f:id:miteran:20160302123216j:plain

 

昨日買った「卒業アルバム 増補版」と「ニュータイプロマンス」と、これまでの本いろいろ。机汚くてすみません…

「卒業アルバム」、大きい版は購入済みだったし、卒業式にいったので現地で「卒業証書」も持っていたし、Operaのインタビューも読みたくて買っていたので、若干内容被りの不安を抱えつつ購入。

全然そんな不安必要なかったです!!

サイズが小さくなって読みやすくなったのもありますし、見たことない絵や漫画が載っていたので嬉しかったです。結構長い作品ですし、いっぱい取りこぼしたペーパーとかイラストが見られるのはやっぱり嬉しい。持っていてもいちいち単行本に挟んである特典ペーパー引っ張り出したり、雑誌のイラストページ探したりってしないじゃないですか。それが一冊で叶うなんて、2000円で逆にいいの!?っていう気持ちです。

 

 

みなさん気になっておられるであろう、大きい版「卒業アルバム」との違いは、「増補版」には2012年以降の同級生関連の絵・漫画、2014年に行われた「卒業式」の様子が載っていることですかね。

でも増補版には、大きい版に載っていた京都小旅行、これまでのグッズ、ペーパー、明日美子先生の仕事場などのページはなかったです。つまり両方買って損はないということです!

 

 

ただ、卒業証書の価値は薄くなっちゃったかな。全部増補版に収録されてます。これは卒業式を行うにあたって用意された限定冊子?なので、手に入らなかった方もたくさんいると思うから、そういう方への配慮だったのかしら。全然いいんですけどね!

 

 

ニュータイプロマンス、表紙が佐条と草壁だったので思わず買ってしまったけれど、8pしかなかったです。監督の中村章子さん、キャラデザ林明美さん、撮監の長瀬由起子さんの三人のインタビュー(2p)はとても面白かったのですが、この2ページに1000円……?という気持ちにはなっちゃいました。

とはいえ、このインタビューを見たらもう一度映画を見たくなりました。こだわりのシーンとか、キャストさんの演技のあそこがたまらん、とかファン目線のトークを作り手の方がしてらっしゃるので、確認したい!という気持ち。

 

 

映画感想。

最初はなんだか見ていてどーしよーもなく恥ずかしかったんですよ。私好きなものは割と一人で楽しむ派なので(BLに関してはなんとなく後ろめたさもある)、こんな大きいスクリーンで、他人がいるところで…っていう状況に慣れなていなかったっていうのもあると思います。

コミカルなシーンと純愛のバランスの緩急で、急にくる純愛に私が勝手にジタバタしてたっていうのも理由かな。

あとは漫画だと間のコマにはさまるポエミイな文気にならないのですが、音になるとちょっとやはり照れる。「レモン果汁が はじけちる」みたいなやつ。

 

 

草壁役の神谷浩史さんの演技ですが、ドラマCDより若干声低めかなあと思いました。私は映画の演技の方が好みでした!本当に草壁がいるみたいだった。

CD版の方がお調子者感強め、映画の方がアンニュイ感、ちゃんとその辺にいる男の子感強め。

ニュータイプロマンスのインタビューでも言っていたんですけど、絵がつくことによって、絵を軸にした演技になるとのことで。その部分と、最初に撮ったドラマCDからの時間の経過(演者としての成長)が組み合わさってこのような形になったのだな、と思っています。

 

 

私そもそもドラマCDって苦手なんですよ。どうしても演者の顔が出てきてしまったり、収録してる様子とか思い浮かべちゃってなんだかこっぱずかしい。音声だけの表現ってなると、どうしても特有の大げさな演技になったり、状況を説明するようなセリフが増えたりするし。

だからそのあたりがアニメになるにあたってブラッシュアップされた演技になっていたのは良かったなと思います。

佐条が模試の会場に行く時に、送り出す草壁が「待ってるわ あなた!」っていうシーンあるじゃないですか。私CDの時のそこのセリフ結構嫌いで。すごいオカマしゃべりなんですよ!わかってる、ギャグシーンだしネタだって頭ではわかってるけど草壁じゃなくて「神谷さんが演技してるオカマ声」だって認識してしまうんですどうしても。

映画見てて、そのシーンが近づいてハラハラしていたら…すごく自然だった!もう本当に感激した!!ありがとう神谷さん本当にありがとう。

 

草壁のときめきシーンいっぱいあるんですよ。特に後半に行くに従って。

私はライブシーンのギターを演奏する文句なしにかっこいい草壁と、夏休み前の「さびしくない? 俺に会いたいでしょ」っていう机にダラーンと顔をつけて佐条を見上げるように言うあまりにも色っぽい草壁が特に好きでした!そういうセリフを言っちゃえる草壁が好き。

f:id:miteran:20160302134320j:plain

 

あと砂場のシーンでで息継ぎどうなってるの!?ってくらい捲したてる草壁。

「もー…… まったく…… もー…… もー……」

「へんなことばっか言っちゃって もーばか!

の可愛さから始まって、

 

「勉強のしすぎだな!まったく」

「もー超しんぱいしたよ俺 ダメかと思ったよもー ばか! なんでそーぐるっと先に回り込んで考えるかな! なんで… こー一人で勝手にマイナス思考でもりあがっちゃうかな〜〜!! まったく! こまったさんだよまったくも〜〜!! ばか!

でこれでもかとばかりベラベラ喋る喋る。(本当はまだセリフあります)

すごい!と面白い!と可愛い!の三連コンボ決められて本当に感情がめまぐるしく動くので私はこの砂場のシーン大混乱しながら見ていました。「こまったさん」ってなんなんだよ。こまったさんって言葉を使う草壁も、こまったさんって言葉で表現される佐条もびっくりするくらい可愛い。

 

 

佐条役、野島健児さんの演技はもう圧巻でした、本当にあの繊細な世界観にピッタリはまっていて、何の違和感もなかったです。リアルな演技。いい意味でアニメっぽくない。

セリフ量は草壁に比べて少なめなんですが、やっぱり佐条は野島さんじゃなくてはダメだなと思います。これはハラセンも草壁もそうなんですが、奇跡のようなキャスティングです…。映画で確信になりました。

 

 

佐条はとにかく表情がよかったです、照れてる時の表情。佐城って一見クールで無表情そうに見えますけど、泣いたり笑ったり照れたりムッとしたり、実は結構表情豊かだってことに気づきます。一緒にいるのが草壁だから比較してなんかクールみたいになってますけど、あれ?以外とそうでもないぞ?みたいな。

もう恋に落ちちゃった表情なんてすごいですよ。びっくりしますよ。

 

 

あとすっごくかわいかったのは、雨の日に草壁にキス迫られて、

「じゃあもうしない」

「しない」

っていうところ!!わあああ!?ってなりました。野島さんすごい。

あとは定番ですが砂場で背中もぞもぞしている時の「あっ」ですね。本当に何回でも聞きたい。

草壁と佐条の出会いのシーン、「萌ゆるー若葉よー」のところの歌い方が違うって指摘された時の佐条の、「萌ゆるー わかっ…ば…?」っていう言い方と、きょとんとした表情がむっちゃくちゃかわいい。

草壁が合唱の本番に飛び出しちゃって、佐条が追いついた時に「草壁… 聞いて」っていうところもすごく好きです。聞いて、の言い方がたまらないです。

 

 

はあ……ダメだ……

 

 

そういえばこの映画PG12なんですよね。卒業生ではちょっと色っぽいシーンありますが、同級生ってよくてチュー止まりだったよね?男同士だからか?と思っていましたが、そのキスシーンのまあエロいことエロいことたまげました。

なんか……あれはやばかったなという感じです。割と生々しい。テラテラしている。舌がよく動く。私はうれしかったです!!

 あと草壁が制服姿で結構タバコ吸っているのでそのあたりかな?高校生の草壁が吸ってる印象薄かったので驚きましたがかっこよかった……

 

 

ライブハウスで草壁に連絡先を聞く女の子、ミキポンがかわいかったです。ちょい役ですが。

卒業アルバムの草壁の成長の年表に、女の子にすごくモテたみたいなことが書いてあるんですけど、女の子と接してる時の草壁ってなんか好きです。そんなシーン大してないんですけどジェントルマンみを感じる。断らないあたり女の子のメンツ立ててあげてるんだろうなあとか。

あと夏休みに友達の谷くんとだべってるシーンも好きでした。暇だーってゴロゴロ縁側を転がる草壁。そのローリング具合が半端じゃなくて笑いました。

そして谷くんいいですよねえ彼。ちょいちょい草壁と佐条の関係を気にしてるあたり、モブ顔なのに存在感あって。谷くんちゃっかり卒業後の設定ありますしね。いやあいい味出してる。

そして地味に彼いい声していて好きです。

 

 

ハラセンは出番もっと欲しかったなあ。

佐条との出会いのシーンのチャリ2ケツとか入れて欲しかったのです。ハラセン活躍は劇場版空と原に期待ですね。実現して欲しいです。

私同級生シリーズは空と原から入るというミラクルイレギュラーだったので、結構待ち望んでいる。動く空乃くん見たいです。空乃くん本当に好きなんです。

髪型変わっても全部かっこいいミラクル。おしゃれ。フジノとのエピソード不憫可愛いい。ハラセンに対して生意気なところ。主導権握りたがるところ。イケイケに見えてDTなところ。(草壁は女性経験あるのが逆に萌えるんだけど、何が違うのだろう)

空と原はカバー下の漫画が最高です。あの卒業間際にようやくまっすぐ向き合っている感じ。ハラセンの余裕のなさ。すごいいいところで終わっちゃうのも、最後のコマが足元しか写っていないのも、全部好き。卒業証書買った時、あの卒業式の後の話の続きが読めて泣くほど嬉しかったです。ぜひ!!!映像化を!!!OVAでもいいから!!!!

 

 

さて、もう一度劇場に観に行く予定を立てつつ、DVD化を待ち望みつつ、続編の制作に期待しつつ、主題歌の 押尾コータロー with Yuuki Ozaki (from Galileo Galilei)の「同級生」を聞きつつ、昨日買った「卒業アルバム 増補版」読みながら、しばらく余韻に浸ろうと思います。

生きる活力だわぁ……。それでは。

 

 

3/5 二度目見に行って追記しました。

 

 

 

同級生 (EDGE COMIX)

同級生 (EDGE COMIX)

 
卒業アルバム 増補版 (EDGE COMIX)

卒業アルバム 増補版 (EDGE COMIX)

 
卒業生-春- (EDGE COMIX)

卒業生-春- (EDGE COMIX)

 
卒業生-冬- (EDGE COMIX)

卒業生-冬- (EDGE COMIX)

 
O.B.1 (EDGE COMIX)

O.B.1 (EDGE COMIX)

 
空と原 (EDGE COMIX)

空と原 (EDGE COMIX)

 
ニュータイプロマンス 2016 SPRING

ニュータイプロマンス 2016 SPRING

 
O.B.2 (EDGE COMIX)

O.B.2 (EDGE COMIX)

 
「同級生」「卒業生」公式ファンブック~卒業アルバム (EDGE COMIX)

「同級生」「卒業生」公式ファンブック~卒業アルバム (EDGE COMIX)