読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

miteranの日記

好きなものについて 感情の昂ぶりをしたためるブログ

売野機子作品集の百合がすっごくいい 「未明のGIRL」

漫画

 

 

売野機子が好きです。

@バンチでMAMAとか連載してた人です。でも今日は短編集の話します。

 

白泉社から「売野機子作品集」ていう短編集のシリーズを三冊ほど出してて、それの装丁がすごく可愛くて初めて手に取ったのが高校生のときだったでしょうか。私が自らの意思で漫画を読むようになったのが高校2年の時で、それまで全く漫画っていうものになじみのない生活を送っていたので、漫画に目覚めた割と早い段階で読んだ作品です。

それまではちゃおもりぼんもなかよしも買ったことはなかったし、たまに読む漫画は弟のコロコロコミックとか、ドラゴンボールとか、友達に借りた少女漫画とかでした。

 

ちなみに初めて自分で買った漫画は、市川春子の25時のバカンスです。地元のヴィレヴァンで買ったなあ。以後そのヴィレヴァンは私にとって面白くて素敵な漫画が売っているところっていう認識になって、そっち系の漫画をどんどん読むようになります。で、その中の一人が売野機子でした。

 

デビュー作が白泉社から出ている『楽園 Le Paradis』っていうアンソロジーに載った「薔薇だって書けるよ」です。ちなみにこの楽園は中村明日美子が今「君曜日」を連載しています。あと絶望先生久米田康治も今なんか描いてるんですよね?アツイですね!

まあ楽園のことは置いといて。白泉社つながりで、中村明日美子鉄道少女漫画とか好きな人は売野機子作品集刺さるんじゃないかなと思います。売野機子の方がポエミィで少女漫画っぽさが強いです。

 

「同窓生代行」を始めとする売野機子作品集の装丁は、表紙がトレーシングペーパーみたいな透ける紙で、その下に空の写真やお花の写真が透けていてすごく可愛い。

ぜひ手に取って見てみてほしいです。

f:id:miteran:20160110110413j:plainf:id:miteran:20160110110658j:plain

二枚目の画像ちょっと記事の下書きが見切れてますね。

 

売野機子さんは絵がレトロな感じで、正直私も描いてる方はもっと年上なのかな?と思っていたのですが1985年生まれだそうで、想像よりお若くてびっくりしました。この絵がいいのです。乙女に刺さる絵。しかしなんでこんなにレトロな感じがするのでしょうか?私あんまり絵柄の分析とか得意じゃないのですが、この絵柄ってなんだか昔の少女漫画感があるんですよね。そこが好きなんですけどね!

 

タイトルにある百合について。

私のこれまでに読んだことのあるすべての百合の中で、第1位は「同窓生代行 売野機子作品集2」に収録されている「未明のGIRL」です。そのくらい好きなのです。

f:id:miteran:20160110113919j:plain

 

割とパリピっぽくて頭の緩そうな女の子(それがめっちゃ可愛いし、めっちゃ褒めてます)が夜遊び後に始発を待ちながらファミレスでダベってるだけの11ページの漫画です。このギャルい百合がたまらない。特にベタベタするわけでも、純情なわけでも、エロいわけでもない淡々とした百合。泣くわけでもない、赤面するわけでもない、でも確かに恋慕しているのです。前半のダベリは全てこのコマのためにあったのだ、と思います。ガーンと頭を殴られたかのような衝撃。

『つーかさっき送ったメール見せてみろ』

『え〜〜〜〜〜〜〜♡』

『ウケんだけど!!!なにこの絵文字!!!だせえ!!!』

『まじうるさい』

『ウケんだけどー!!!』

 みたいなノリからのこの表情。愛おしすぎて泣きそうだよ。深夜のテンションと楽しい時間は夜明けとともにすうっと熱が下がって、電車が出たらさようなら。次会う夜まで。

11ページの漫画だからあんまり語りすぎるとネタバレというか文字起こし並みに詳細を語れてしまうのでここらでブレーキかけます。

 

 

この「未明のGIRL」に関連して好きなものを以下に少々。

 

 

「オトメの帝国」岸虎次郎 

ギャルJK百合。グランドジャンプのwebで読めますが、私は単行本派です。割とくっだらないエロが多い男性向けかな?とも思いますが表紙は完全女子好みのマカロンカラーに裏表紙にはかわいいポエム。私は男子高校生のわちゃわちゃが好きですが、女子高生のわちゃわちゃも好きです!本当に馬鹿な子ほどなんとやらってやつですね。ていうか7巻の表紙かわいすぎではないですか。

 

オトメの帝国 7 (ヤングジャンプコミックス)

オトメの帝国 7 (ヤングジャンプコミックス)

 

 

 

・朝が来るまで終わる事のないダンスを / tofubeats

 

 

未明のGIRLっていうタイトルにもぴったりです。この馬鹿みたいで愛おしい夜が終わってほしくない。夜明け前の街のキラキラ感と、朝が来た時のダルさ。でも朝日が人気のない街を照らす様はなんだか夢の中みたいに綺麗。そんな曲。上の決めゴマの女の子の顔見ながらこの曲聴いたら、朝来ないでほしいなぁっていう気持ちが100倍になります。

ああ 夜が来て町に闇が降るよ

誰もいない電車で見た景色を

朝が来るまで終わる事ないダンスを

朝が来るまで終わる事ない音楽を

 なんでtofubeatsってこんなに深夜や朝方に似合うんでしょうか。夜の渋谷の街を一人で歩いてる時にイヤホン耳に突っ込んでtofubeats聞くのが好きです。

 

 

・「アフターアワーズ西尾雄太

クラブ×百合。クラブDJのお姉さんにどんどん世界を広げられていく平凡な女の子っていう図。

f:id:miteran:20160110122923j:plain

「そっか、

歓迎されてるんだ

あたし。」

クラブにきたはいいけど、友達は男と消えるし疲れたし楽しみ方わかんないし、って子に、仲間ができて、だんだん楽しそうに夜に馴染んでくのが見ていてワクワクします。もしかして私にも「ここではないどこか」へ連れて行ってくれるお姉さんが現れたりするんじゃ!?っていう妄想が膨らみます。女の子のビジュアルや「知らない世界(百合と、DJなりカメラなりの専門的なもの)を見せてくれる」っていうテーマが1年ほど前に完結した百合漫画の、「彼女とカメラと彼女の季節」に似てますね。あちらも好きなんだけど「未明のGIRL」とはテーマ合わないので割愛。

 

アフターアワーズ 1 (ビッグコミックス)

アフターアワーズ 1 (ビッグコミックス)

 

 ↓ちょっと話題になったので取り上げました

アフターアワーズ、あと5000部売れたら2巻が出るよ問題。 - miteranの日記

 

 

ここまでいろいろ語りましたが、今日の本当のテーマは

未明のGIRLです、皆さん覚えましたか、未明のGIRL読みましょうね。

これの載っている「同窓生代行 売野機子作品集2」にはBLもありますよ、そっちもいい感じなのでオススメです。売野機子のBLについてはまたの機会に書こうかな。

それでは。

 

 

同窓生代行―売野機子作品集2

同窓生代行―売野機子作品集2

 

 

 

売野機子の魅力語りとか

売野機子「かんぺきな街」を読んだ - miteranの日記