「しまなみ誰そ彼」を読んだ 苦しんでる男の子を見る快感

「しまなみ誰そ彼(たそがれ)」を読んだ。「かんぺきな街」を読んだ時に一緒に買って、結構経っているのに今この記事を書いているのは、タイトルにある通り、男の子が苦しんでいるところを見るのが好きかもしれないなあと気づいてしまったり、そうやって自分がオタクで紙の上や画面の中の男の子に萌えてしまうのがハッッ…